ニューヨーク おすすめローカルナビゲーション

ニューヨーク おすすめ本日の一枚4月12日

The National Hockey Leagueの優勝カップモニュメント

タイムズスクエアの遊歩道では、いろいろなイベントが開催されたり、記念モニュメントが設置されます。

現在は、今週の金曜日までナショナル ホッケーリーグの(The National Hockey League)の優勝カップのオブジェが設置されています。

告知のためにいろいろなものが設置されていても、事情がわからないことが多いのですが、今回は某アイスホッケーファンの方に詳しいことを伺ってみました。(さすがアイスホッケーおばかさん、その情熱には驚かされます・・・)

ニューヨークにあるNBCのTV局が今後全面的にアメリカでのナショナルホッケーリーグ(以下:NHL)の放映権を獲得した記念にこのカップがタイムズスクエアに設置されました。
そもそも、NHLの放映権を、ESPN(アメリカのテレビ局の1つ)が完全に放棄して、VSというマイナースポーツを放映していた局がアメリカでの放映権を完全に獲得しました。ただ、ESPNはやはり全米No.1のスポーツ局だしフットボール、野球、バスケットボールの放映権は持ってる(特にフットボールとバスケットボール)ので、「4大メジャースポーツ」の中でも、アイスホッケーが他の3つとどんどん差がついてしまうという悪循環が起きました。
そのVSを今年、全米ネットのNBCが買収しました。元々NBCはアイスホッケーの放映権をある程度は持ってた(大きい試合とか)ので、これで完全に掌握する形となりました。
しかし、アイスホッケーのマイナー感はやっぱり否めないことや、全放映権獲得の最初の年のNHL Playoffなので、NBCのお膝元であるニューヨーク(ちょうどNHLも3チームある)ので、そのNBC統合記念でカップをディスプレイしました。
お披露目式典には、過去にカップ保持(優勝経験)のある3チームの代表OB選手を呼んで やったようです。
設置はニューヨークのチームである、Rangersに関係あるのかと思ったら全くそうではなかったようです、とのことでした。

ちなみに、優勝したら、そのチームのメンバーはオフシーズンに、本物のStanley Cupを好き放題にできるので、そこからお酒を飲むとか当たり前。ゼリー作っちゃったり、添い寝したり、一緒にバスに乗ったり、犬にここからご飯食べさせるとか・・・
というわけで、このレプリカCupも、噴水になっていてそこから水が飲める仕様になっています。
なーるほど、調べてみるといろいろと奥が深いんですね。

(田舎者OL)